つか矯正歯科 指定更正・育成医療
HOME |
矯正歯科 広島市中区
つか矯正歯科 医院紹介 つか矯正歯科 診療日・アクセス つか矯正歯科 治療Q&A つか矯正歯科 矯正治療のすすめ方 つか矯正歯科 つか矯正歯科 代表的パターン つか矯正歯科 医療費控除 つか矯正歯科 ブログ つか矯正歯科 ご質問
矯正歯科 広島市中区 矯正歯科 広島市中区
矯正治療のすすめ方
矯正治療費について

矯正治療のすすめ方

各項目をクリックすると説明がでます

               

矯正治療とは、単にがたがたのないきれいな歯並びへ改善することだと思われがちですが、
歯を並べるのと同時に、かみ合わせた時に上下の歯が良好な咬み合わせとなる位置に歯を
排列することが大変重要であり、矯正治療の難しいところでもあります。また、顎の関節を楽
にした状態で無理なく咬める様なあごの位置を考慮して歯を動かさねばなりません。
きちんとした矯正治療により不正咬合を良好な咬み合わせへ改善することは、咬む能力を高
めたり、正しい顎の運動を誘導して顎や顔面の正常な発育を促す等のメリットがあります。
また、矯正治療は歯列の悪いことが大きな誘引となる、むし歯・歯肉の炎症に対するリスクを軽減
したり、顎関節への負担を軽くし、健康な日常生活を営むためにも良い効果をもたらします。

               

本院は急患を除いて、すべて予約制になっております。初めて来院される方はお電話で予約をお願いいたします。

相談・検査・診断時期  成長の観察時期    矯正装置を使用している時期

矯正治療の主な流れとして第一期の治療時期・第二期の治療時期・保定に分けられます。

第一期の治療とは、大人の歯が生えそろうまでの時期(中学生くらいまでに相当します。この時期には将来あごの大きさのずれが著しくならないようにあごの成長をコントロールしたり、早い時期に改善しておかなければ不正が ひどくなってしまうような咬み合わせに対する処置など、予防的な治療を中心に行います。第一期の治療がある程度の目標まで達した後は、第二期の治療まで観察を行います。

 第二期の治療とは、大人の歯が生えそろい、顎の成長がほぼ終了した時期(中学生以降)に相当します。この時期には、歯の外側に装置をつけワイヤーを調節することで、歯のがたがたや捻転などの細かい所を治し、配列していきます。

また、外科手術を併用する場合は顎の成長が終了するのを待ち、高校1,2年生頃手術を行うことになります。

 その後、歯を配列する治療が終了すると、保定の期間となります。治療により良い位置に動かした歯は、装置をはずしてしばらくは元の位置に戻ろうとする「後戻り」という性質があります。そのまま良い位置にとどめておくには歯とあごの骨や歯ぐきがなじんで安定するまで、その位置に歯を固定しておく必要があります。

 

矯正治療費について

 おおよその治療費は、難易度により異なりますが、上の歯・下の歯を全体的に治す場合、総額70〜90万円くらいとなります。

           (これには、検査料・診断料・調節料・観察料・装置料を含みます。)

先天性の疾患を伴う不正咬合の矯正治療、および外科手術を必要とする顎変形症の矯正治療は、健康保険の適用となります。

                   初診料:矯正相談     3,240円(税240円込)

              相談のみでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2004 TSUKA ORTHODONTIC OFFICE. All Rights Reserved.